HitSong@RAG
音楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

80年代懐かしの邦楽ヒット曲。おすすめの名曲

あなたの心に今でも残る歌はなんですか?

時は昭和、J-POP黄金時代。

1980年代はフォークソングの全盛期で、現代のロックバンドに大きな影響を及ぼすヒットソングも多数生まれました。

あの頃の記憶に想いを馳せながら、たまには懐かしのメロディーに浸ってみてはいかがでしょうか?

もくじ

80年代懐かしの邦楽ヒット曲。おすすめの名曲

ルビーの指環寺尾聰

こちらも言わずと知れた名曲。

ファンキーでイカしてます。

ベースラインがかっこよすぎますね。

TOKIO沢田研二

ジュリーといえばこの曲だといます!

サビは思わず口ずさみたくなるぐらいとてもキャッチーですよね。

ミ・アモーレ中森明菜

アイドルなのに本格的な歌唱を披露し、人気を獲得していた中森明菜が遂に85年の年間ランキングで2位となりました。

売上げは63万枚を超えて、この年は彼女の躍進の1年だといえます。

この曲は、普通の女性アイドルが歌うレベルを余裕で超えている名曲です。

バージンブルーSALLY

SALLYのメジャーデビューシングルで1984年に発売されました。

杉本哲太が出演したCM、キリンレモン2101とのタイアップ効果もあり、スマッシュヒットとなりました。

衣装や髪形、曲調などがチェッカーズと似ていたため、「第二のチェッカーズ」とも言われていました。

聖母たちのララバイ岩崎宏美

1982年の年間シングルランキングの3位を獲得したのが、岩崎宏美のこの大ヒット曲です。

私はコロッケのモノマネで最初にこの曲を知ったのですが、本人と原曲があまりにも素晴らしかった事を覚えています。

おススメの曲といえます。

飾りじゃないのよ涙は中森明菜

「飾りじゃないのよ涙は」は1984年に発売された「中森明菜」10枚目のシングル曲です。

オリコン1位を獲得しFNS歌謡祭・最優秀ヒット賞を受賞しました。

井上陽水が作詞作曲のアップテンポの作品です。

「中森明菜」がアイドルからミュージシャンへの転機となった曲です。

DESIRE -情熱-中森明菜

86年の年間シングルランキングの2位は中森明菜の曲でした。

振り返ってみると、80年代に最も活躍し。

結果を残したアイドルが中森明菜だと思います。

彼女はアイドルの垣根を越えた存在で、大変人気を集めました。

ダンシング・オールナイトもんた&ブラザーズ

1980年に最も売れたシングル曲。

売上げ枚数156万枚で堂々の年間トップに輝きました。

本格的に歌い上げた迫力あるボーカルは、今でも聴きごたえのある名曲といえます。

大迷惑UNICORN

1989年リリースのユニコーン初シングル曲で、バンドデビューから約2年たってからシングルが出るという珍しいケースでした。

オーケストラとともに演奏するPVも話題になった、今でもライブで盛り上がる1曲です。

TANGO NOIR中森明菜

87年のシングルランキングの2位は、またもや中森明菜となりました。

この人は毎年シングルヒット曲を連発した、素晴らしい女性アイドルでありアーティストだといえます。

今でも根強い人気があるのが納得できる、圧巻の活躍ぶりです。

星空のディスタンスTHE ALFEE

人気バンドTHE ALFEEの代表曲です。

力強く通り抜けていく楽曲、そして歌声が高音で気持ちのいい1曲です。

とても有名な曲ですが、ライブ映像を観てみると、アルフィーは、他のどのバンドにもない独自の魅力があることがわかりますね。

ハイトーンボイスで、誰かに似ている……ということもない、まさに唯一無二のバンドですね。

15の夜尾崎豊

尾崎豊のヒット曲はたくさんありますが、この曲は初期で爆発的にヒットしました。

歌詞に同感する若者が多くいたことでも有名で若者の代弁者と言われたほどです。

現在大人になっている人でも尾崎豊の曲を聴くと、昔の若い日々に引き戻されるという人も多くいるようです。

六本木心中アン・ルイス

吉川晃司や、聖飢魔IIのデーモン小暮閣下もカバーしている曲。

歌詞は六本木が舞台ですが、歌詞の中に「六本木」という単語が出てこないのが興味深いですよね。

終わらない歌THE BLUE HEARTS

ブルーハーツの原点はこの頃の曲ですね。

他にも「リンダリンダ」や「人にやさしく」など有名曲がたくさんあります。

あら削りなサウンドの中に胸にジーンと染み入るメロディが印象的なバンドです。

ヒロトのボーカルもロックパンクをやるために生まれたような声質で暖かさを感じますね。

少女A中森明菜

松田聖子と並び称される80年代を代表する歌姫、中森明菜の出世作。

「特別じゃない どこにもいるわ」と歌っていますが、誰がどう見ても「特別」で「どこにでもいるはずない」存在となった明菜さんの、まだ声にあどけなさが残る初期のナンバーです。

ff (フォルティシモ)HOUND DOG

イントロがとても印象的な曲。

HOUND DOGの代表曲といっても良いでしょう。

キーボードの音色が80年代を象徴しています。

タイトルの「フォルティシモ」は演奏記号の一つで、非常に強く、という意味を持つ言葉です。

その言葉らしく、力強く、前に進む感覚の強い……力強い名曲ですね。

デイドリーム・ビリーバーザ・タイマーズ

この「デイドリーム・ビリーバー」は1989年にザ・タイマーズが発売したシングルとなります。

元々はモンキーズの曲ですが、それを覆面バンドのザ・タイマーズがカバーして発売して大ヒットしました。

今でもCM等で使われています。

DEAR FRIENDSPERSONZ

この「DEAR FRIENDS」は1989年に発売されたPPERSOZの4枚目のシングルとなります。

発売当初は売れませんでしたが、人気ドラマの主題歌になってから、かなり売れました。

この曲ができた経緯を聴くとビックリしますよ。

X JAPAN

この「紅」は1989年に発売されたX(JAPAN)の3枚目のシングルであり、メジャーデビューシングルとなります。

この頃はまだ「X」という名前で活動していました。

ど派手なルックスで、ど派手でダイナミックな音が当時としては斬新でした。

My Revolution渡辺美里

多くのアーティストがカバーしている渡辺美里のヒット曲。

作曲は小室哲哉で、この曲のヒットで曲作りのコツや方向性を見いだしたとのこと。

80年代後半から90年代にかけて日本音楽シーンを席巻する「小室サウンド」の原点は、この曲にあるようです。

おすすめの記事あわせて読みたい